院長インタビュー

院長・中村のインタビューを掲載しています

八王子の歯医者「オハナ矯正歯科クリニック」の院長インタビューのページです。当院の院長は日本矯正歯科学会所属の矯正担当医であり、二児の子を持つ母でもあります。技術と優しさを兼ね併せた治療を信条としていますので、お子さま連れの方もどうぞ安心してご来院してください。

院長インタビュー

――まず、歯科医師を志したきっかけをお聞かせください。

――まず、歯科医師を志したきっかけをお聞かせください。

父親が歯科関係の仕事をしていて、小さなころから歯科業界に関わっていたので、その頃から漠然と歯科医師になりたいという思いがあり、歯科の大学に進学しました。
実は、小学校の時の文集にも夢は歯医者さんと書いていました(笑)

――歯科診療の中でどうして矯正治療を選んだのでしょうか?

――歯科医療の中でも矯正歯科を専門とされた理由は?

大学在学中から審美的なものに興味がありました。ただ、始めから矯正に特化しているということではなく、最初は3年程一般歯科で働いていましたが、その後大学に戻り矯正を専門的に学びました。矯正医として働き始め、結婚し、子どもが生まれ、環境が変化していく中で、より一層矯正の大切さに気付きました。
矯正を始めた頃は、小学生だった子が成長し大人になり、就職先の話をしてくれるなど一般歯科と違って、本当に長く付き合えることが矯正治療の魅力であり、やりがいだと感じました。

――診療で特に気を付けている点は?

――診療で特に気を付けている点は?

私自身矯正治療経験者であり、二人の子どもを持つ母親なので、矯正治療の付き添いで来るお母さんたちの気持ちはもちろん、子どもたちとも同じ目線に立ち、診療の際は分かりやすい言葉で説明し、患者さまの意向にできるだけ沿った診療を心がけています。
小児矯正の場合は、ご家族の協力が必要不可欠となりますので、しっかりと説明をして、ご理解をいただいてから診療を進めます。一緒に楽しんで診療を進めていけるようにしていきたいです。

――「オハナ矯正歯科クリニック」を今後どのようにしていきたいですか?

――「オハナ矯正歯科クリニック」を今後どのようにしていきたいですか?

ショッピングビルの10Fに医院がありますので、買い物帰りのお母さまやお子さま、歯並びが気になる方に気軽に来ていただければと思っています。
医院名である「オハナ矯正歯科クリニック」の「オハナ」とは、ハワイ語で「家族」という意味があるので、通ってくださる患者さま、スタッフともに家族のような関係でこれから医院を築いていければと考えています。

――これから患者様になるかもしれない方へメッセージをお願いします。

――これから患者様になるかもしれない方へメッセージをお願いします。

矯正治療を進めていく中で無理強いをすることはありません。歯並びという繊細な部分を扱っていきますので、治療を始める時期など患者さまとしっかりと相談をし、一緒に考えた上で、患者さま一人ひとりに合わせた一番良い時期や装置を選択し、矯正治療を進めていきます。
ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

――お子さまの歯並びが気になるお母さまへ

――これから患者様になるかもしれない方へメッセージをお願いします。

お子さまの矯正治療はご家族の協力も必要となりますが、まずは本人のやる気が大切です。矯正治療にやる気がないなど、嫌がっているお子さまに対し家族が熱心にになればなるほど治療は難しくなりますし、情報過多な現在、何を選択すれば良いのか困っていらっしゃるお母さんたちも多いと感じております。まずは一度相談にいらしてください。個人の環境に合ったアドバイスをいたします。
そこから少しずつお子さまと信頼関係を築き、矯正治療を開始できればと思っております。歯並び以外にもお口のことで何か気になる点があれば、お気軽にご相談ください。

診療予約はこちらから診療予約はこちらから

診療予約はこちらから

診療予約は
こちらから

当院は患者さまをお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。
042-649-3090
診療時間:平日(木曜は午後のみ)
10:00~12:00 / 14:00~18:00
土曜日  
10:00~12:00 / 14:00~18:00

WEB診療予約はこちら