治療中・治療後のケアについて

虫歯や歯周病のリスクが高まります

矯正治療中は、虫歯や歯周病のリスクが高まります。なぜなら矯正装置を付けている間は歯磨きがしにくくなり、装置のまわりに食べカスが残ってしまいがちだからです。食べカスを栄養にして虫歯菌や歯周病菌は増殖していくため、矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすい口腔内環境と言えます。

矯正治療中の虫歯や歯周病の発生や悪化を防ぐためには、しっかり口腔ケアをすることが重要です。八王子の歯医者「オハナ矯正歯科クリニック」では治療中・治療後のケアを徹底しています。

治療中は虫歯にならないように気を付けましょう

治療中は虫歯にならないように気を付けましょう

もし矯正治療中に虫歯ができてしまった場合、虫歯治療を優先して行わなければならないため、矯正治療を一時的に中断せざるをえません。しかし、矯正治療を中断してしまうと途中まで動かせていた歯が元の状態に戻ってしまうことがあり、最悪の場合、これまでの治療が水の泡になってしまうこともあります。また、当初の治療スケジュールよりも期間が延びてしまうのは避けられないでしょう。

正確・確実に矯正治療を行い、最短で歯並びを整えるためには、矯正治療中に虫歯を予防することは大変重要なことなのです。

矯正治療中の歯磨きのコツ

歯ブラシの種類

歯ブラシの種類

歯ブラシには山型と谷型があり、矯正治療中はこの2つを使い分けて磨きましょう。矯正装置や歯と歯ぐきの境目は細かい部分を磨く際には山型歯ブラシを、歯の表面を磨く際には矯正装置を傷付けることなく磨ける谷型歯ブラシを使用します。

持ち方

持ち方

鉛筆を持つように歯ブラシを持ちます。力を入れすぎることなく、適度な力で磨けます。

磨き方

磨き方

矯正装置のブラケットの部分を中心に歯の上と下に分けて、歯磨きをします。歯面に歯ブラシを45度くらいの角度で当てて、軽い力で小刻みに往復させましょう。歯と歯ぐきの境目は汚れがたまりやすいので、毛先をしっかり当てて念入りに磨きましょう。

気を付けたい食べ物

以下の食べ物はできるだけ食べるのを控えたり、食後はいつも以上に歯磨きを念入りに行ったりしましょう。

ねばる食べ物 硬い食べ物 色の濃い食べ物
お餅やガム、キャラメルなど歯に付きやすい食べ物は矯正装置に絡まりやすいです。 せんべいやナッツ類、アイスキャンディーなど硬い食べ物を咬むと、装置が外れてしますことがあります。 色の濃い食べ物は矯正装置のゴムリングへの色素沈着を起こすことがあります。

後戻りとは

後戻りとは

歯には自ら動こうとする力が元々あり、矯正治療で動かした歯は、矯正装置を外すと元の位置に戻ろうとします。これを「後戻り」と言います。後戻りを防ぐためには、後戻りを防ぎ矯正治療後の歯並びを安定させる「保定(ほてい)」が必要です。

リテーナーをしっかりしましょう

矯正治療期間を終えたら、保定期間に入ります。保定期間中は、リテーナーという保定装置を一定期間装着して、歯の後戻りを防ぎます。決められた時間は、保定装置を装着していただき、定期的にご来院いただき、歯並び・咬み合わせのチェックを行います、

リテーナーは取り外しができます

リテーナーは取り外しが可能な装置です。初めのうちは常に装着していただく必要がありますが、歯並びが定着すれば装着時間は夜間のみとなります。

矯正治療後も継続的なメンテナンスを

矯正治療後も継続的なメンテナンスを

保定期間が終わり、何も付けずに過ごせるようになったら、そこからは通常の口腔内ケアをしっかり行いましょう。ご自宅での歯磨きなどによるセルフケアに加え、定期的に歯科医院でプロケアを受けることで、より虫歯を予防できます。

院内案内・アクセスJR八王子駅から徒歩1分のところにある歯科医院です。当院までのアクセスをご案内しています。院内案内・アクセスJR八王子駅から徒歩1分のところにある歯科医院です。当院までのアクセスをご案内しています。

診療予約はこちらから診療予約はこちらから

診療予約はこちらから

診療予約は
こちらから

当院は患者さまをお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。
042-649-3090
診療時間:平日(木曜は午後のみ)
10:00~12:00 / 14:00~18:00
土曜日  
10:00~12:00 / 14:00~18:00

WEB診療予約はこちら